『1435、第一次線を突破。これより職員室包囲に入る』
「戦線を維持せよ」
『了解』

 机の上には、連絡用の携帯電話が並んでいる。ここは、どこにでもある学校の音楽室。いつもと違うのは、不要な机は後ろに片づけられ、ロの字型に並べられた机の一番向こう側に、「委員長」が真剣なまなざしで座り、「委員長」のまわりを「各委員」が忙しく動いている、ということ。
「委員長!」
「なに」
「連絡手段は本当に携帯電話で良かったの?」
「…他に手段がないから。確かに私たちで入手できるトランシーバーはある。けど、出力も弱いし、何より体制側に筒抜け。アナログだからね。現状あるインフラは活用しないと」
「連絡が途切れることはないの?」
「大いにある。まず、近隣の基地局の電源を落とされたらそこまで。あと、ここまではしないと思うけど、ジャミングされても一巻の終わり」
「なので」となりに座っていた生徒会書記長が私の方を向いて言った
「時計合わせをして、行動が成功したかどうかは、ここから見える場所になんらかのしるしをつけている。何度も訓練したとおりよ。…ほら、保健室の前に鉢植えが二つ並んだ。職員室包囲に成功した、という意味よ」
『1440、職員室包囲に成功!』
「予定どおりに行動せよ」
『了解』
 昨日、体育館で行われた、「生徒委員会総会」で選出された「委員長」は、浅野幸。もっとも、総会は浅野さんが委員長であることを「確認」したに過ぎなかった。浅野さんは、生徒会の実権を見事に握ると、各クラス、そして各部に、浅野さんの腹心を置いた。…じわじわと、浅野さんの「思想」が全校に染みわたった。けれど、浅野さんは決して目立った行動には出なかった。「これは準備」、浅野さんの口癖だ。…学校をいくつかのブロックに分け、「自主清掃」という名目で、今日の「職員室・校長室包囲」の練習も何度も行われた。そして、…成功すればだけれども、体育館で行われる「第二回総会」で、学校職員も生徒と平等、…という名目の、「浅野体制配下」に置かれる予定。
 突然、腕組みしていた委員長が、携帯を2つ持ち、ちっと舌打ちした。
「想定より早かった。通常連絡手段は不通!鏡の用意!」
「はいっ!」
 委員長は携帯を机に投げ出した。画面の隅には、はっきりと「圏外」と表示されていた。…委員長は、これも予想していた。鏡とライトを使えば、「連絡員」の配置によって連絡はできると。「自主清掃」の何回かは、鏡とライトを使った通信で行われた。
「委員長!」
 窓際の連絡員が叫んだ。
「1458、全職員の確保に成功したようです」
「…ようです?」
「失礼しました!全職員の確保に成功!」
「予定どおり、体育館へ」
 委員長は堂々と立ち上がると、
「我々も、体育館へ向かう」
『はっ』
 各委員、そして生徒会書記長は、いっせいに立ち上がって、委員長に続いた。